初心者にもわかる

財務分析システム

財務分析システム
また、2020年からのコロナ禍でリモートワークが増えた現在においては、業務効率化・リアルタイムで財務分析や経営分析等の自社の状況を把握可能な会計システムに軍配が上がります。以下のページから、変化する時代に役立つ経理・財務部門向けの資料をダウンロードいただけますので、ぜひお役立てください。

基礎を理解する: 財務管理ソフトウェアとは

これを適切に実行するためには 2 つのことが必要だと Workday では考えています。それは、現在の財務データと従業員データに簡単にアクセスできること、そしてさまざまなデータソースを 1 か所に集約して多次元のレポートや分析に利用できることです。財務以外のデータ、特に業務システムの情報からは、数値に対する背景情報が得られ、何が業績を左右しているのかについて理解を深められます。これらの機能を活用して、組織はより効果的に意思決定を下し、計画を作成することができます。

財務システムや財務プロセスにテクノロジーが与える影響

優れた財務システムの基礎となるのは、見えないところでトランザクション、レポート、分析を実行する基盤テクノロジーです。望ましくはこれが 1 か所に集約されていて、財務部門が同一のシステム内でデータを用いて計画、トランザクション、分析、レポートを実行できることが求められます。 クラウドベースの財務管理システムは、まさしくこれらすべてを可能にするものです。

トランザクションとアナリティクスをひとつのシステムに統合することで、すべてのデータがインメモリで格納され、リアルタイムのトランザクション処理、連結、財務データのレポートを 1 か所で行うことが可能になります。 会計に影響のあるトランザクションが発生した場合は、直ちに同一システム内でレポートや分析に利用できるようになります。財務部門は、必要であれば複数の法人や通貨を対象に連結レポートを毎日作成することも可能となり、決算にかかる時間を大幅に短縮できます。たとえば City Year 財務分析システム 社 は、統合されたシステムを使用することで、月次および四半期決算にかかる日数を 40% 財務分析システム 短縮し、AAA Northern California, Nevada & Utah は四半期決算を 10 日から 5 日に短縮しました。

今日の財務部門が抱えている固有の課題

財務部門の多くはこれらの対応に苦慮しています。従来のトランザクション業務に追われて多くの時間をデータ収集に費やしており、データを分析したり、組織が真に必要としている戦略的パートナーの役目を果たしたりすることができていません。また、ばらばらで統合されていない旧式の財務システムでは、必要なデータを欲しいときに入手することが、不可能ではないにしても困難です。 多くの組織では、貴重なデータがレガシー システムや、ときにはスプレッドシートに保存され、サイロ化した組織内に散在して閉じ込められています。そのため組織では、そのようなデータにアクセスしたり、外部のデータソースと組み合わせてデータ モデルを構築したり、組織の未来に向けて必要な予測を立てたりすることが容易にはできないのが現状です。

目まぐるしいテクノロジーの変化、デジタル ディスラプションの影響、規制の強化、データ プライバシーとサイバーセキュリティに関する懸念、不透明な経済見通し、金融市場の変動といった状況の中、世界中の財務リーダーが直面するリスクは高まっています。変化し続ける世界においてリスクをより適切に管理するために、財務部門は組織全体からリアルタイムで収集した情報を活用し、より迅速に行動できるようにする必要があります。

従来型の財務管理システムの仕組み

もっと詳細なビジネス インサイトやマネジメント レポートを提供するためには、データ マートやデータウェアハウス、ビジネス インテリジェンス ソリューション、レポート 財務分析システム ツールなどをこれらのシステムに追加する必要があります。こうした追加型のアプローチでは、統合部分の作成と保守が必要になりコストがかさむとともに、データの照合に多くの労力がかかり、不要なエラーが発生する危険性も高まります。また、このソリューションでは結果的にデータが分断してサイロ化し、データの流れが停滞することになります。

クラウドベースの財務管理システムのメリット

Workday ファイナンシャル マネジメント (財務管理) は、完全なビジネス インサイトを組織にもたらすよう設計されたクラウド 財務分析システム ソリューションです。財務レポート作成のために関連するトランザクションを要約するという、硬直化したプロセスは不要となります。それに代えて、トランザクションが一旦入力されると、そのビジネス情報はすべて詳細が保持されたまま、財務、管理、業務の各レポートに即座に反映されます。クラウドベースのひとつのシステムでトランザクションをすべて取り込み、コアとなる基本的な処理をサポートするため、財務部門は承認されたビジネス情報にリアルタイムでアクセスできるようになります。データソース、セキュリティ モデル、エクスペリエンスをひとつのシステムに統一する Power of One の設計によって、企業はひとつのシステムで計画、実行、分析を行えるのです。

Bill Gosling Outsourcing 社 (カナダ) も、クラウドベースの財務システムを導入しました。その結果、決算処理終了までの時間が 30% 短縮され、決算プロセスの準備にかかる労力が大幅に減少しました。以前の ERP システムでは、財務諸表を仕上げるまでに一連のプロセスを 3 回も 4 財務分析システム 回も繰り返す必要があったのです。クラウドベースのシステムでは、それが 2 回で済むようになりました。

財務管理でリアルタイムのデータが重要な理由

組織の内部では毎日、膨大なデータが流れています。企業がそのデータを活用して効果的に分析することができれば、より的確な意思決定をより迅速に行うことができます。たとえば、分析を活用すると、どの顧客が最も収益性の高い顧客であるかをリアルタイムで把握できます。このようなインサイトを得ようとすると、通常ならば財務管理システムとは別の分析ソリューションが必要となるのです。マーケティングなどの部門であれば、データを使ってカスタマー エクスペリエンスの変革やパーソナライゼーションの向上などに活用できます。ビジネスリーダーであれは、データドリブンなサービスを製品に追加して提供することで、新たな収益源を生み出せます。先進的なデータ アナリティクスを活用することで、より高度で正確な収益予測を行うことが可能になります。財務データとそれ以外の情報 (消費者データや他の業務システムのデータなど) を組み合わせることで、新たなインサイトを引き出すことができるのです。

ビジネスのあらゆる切り口でリアルタイムにデータをドリルダウンできるため、データを通して何が業績を左右しているかを把握できます。サプライヤ別、キャンペーン別、社員別の支出や、顧客別、製品別の損益計算書などを把握するために、データ ウェアハウスを別に用意したり、レポート ツールを追加したりする必要はありません。このような豊富なビジネス情報は、財務スコアカードやダッシュボードを通じて提供することができ、モバイル デバイスから利用することもできます。エグゼクティブはビジネスのスナップショットをリアルタイムで把握でき、重要なメトリクスを常に監視できます。たとえば、ダッシュボードに現在の主要な指標が示されており、数値が指標から外れていないか、資金を移転する必要がないか、また会社が市場のどこでチャンスを活かせるかなどを知ることができます。リアルタイムのデータをビジネスで活用していれば、年度末になってから不測の事態が発覚することもなくなり、目まぐるしい変化があっても状況を容易に掌握しておけるようになります。

クラウドベースの財務管理システムを導入したことで、Redstone Credit Union は、分析に費やす時間を 133% 増加させ、その反対にデータ収集の時間を削減することができました。 その結果、次のことが可能になりました。

  • 手作業や事務作業から戦略的活動へと重点をシフト
  • 会計調査を簡素化
  • 財務部門のビジネスへの貢献力を向上

企業の財務部門の再定義

インターネットでつながった今日の世界では、財務部門のリーダーへの要求はますます厳しくなっています。財務関連のニュースや市場のうわさは一瞬で世界中に広まります。リスクを管理し、新たなオポチュニティを見極め、経済ショックや経済不安を乗り切ることができるように、最高経営責任者 (CEO) が財務部門に求めているのは示唆に富んだ、将来を見据えたインサイトです。現在および将来にわたる企業の価値は、質の高いインサイトと切り離せないものになっています。

クラウドベースの財務管理システムを評価するための鍵

財務管理システムは、財務管理とトランザクションを管理するだけのものから、ビジネスを変革する真のインサイトを実際に提供できるものへと進化する必要があります。 Workday は、すべての財務プロセスをクラウドベースのひとつのシステムで提供することにより、財務管理のアプローチを再設計しました。このシステムによって、次のことが可能になります。

  • 真のインサイトでビジネスを主導: インメモリのオブジェクト データ モデルを使用するネイティブなクラウドベース システムが、リアルタイムでトランザクションを取り込み、コアとなる基本的な処理をサポートし、財務部門がより迅速にビジネスの意思決定を行えるようにします。
  • 確実な連結処理と決算: Workday のクラウドベース アーキテクチャでは、複雑で時間のかかる直線的な処理がなくなっているので、より高速、よりアジャイル、より正確なアプローチへと移行できます。 ビジネスの連結ビューにアクセスするために各月末、四半期末、年度末まで待つ必要はなく、情報にいつでもアクセスすることができます。
  • 将来を見据えた計画と準備: Workday は、財務と人事のトランザクションをレポートとプランニングの機能に結びつけます。データの移動と照合の処理をなくして、実際のトランザクション データを使用した、効率が高くサイクルを回しやすいプランニング プロセスを作成します。
  • プロアクティブかつ効果的にリスクを管理: Workday は、単にトランザクションを監視するだけでなく、「常時稼働」の監査証跡機能ですべての変更を追跡します。 企業は承認期限の管理、監督、設定を行えるほか、閾値を設定したり、職務分掌を定義したりすることもできます。それらによって、不正行為とリスクの削減に Workday を役立てることができます。
  • 変化への対応: ビジネス環境は常に変化しますが、それに応じてWorkday 内の変更と設定はいつでも行うことができます。一度変更が設定されると、財務、人事、プランニングの全域にわたり、その関連組織、トランザクション、レポートに即座に適用されます。

クラウド財務管理の展望

市場調査会社の Gartner 社 1 財務分析システム は、「2024 年までには、中規模コア財務管理アプリケーションの新規プロジェクトの 60%、大規模かつグローバルなプロジェクトの 30% がパブリック クラウドでの実装になるだろう」と予想しています。

さらに、「2024 財務分析システム 年までの間はずっと、デジタル技術によって新しい機能と効率性がコアの財務管理スイートにもたらされ、それと同時に財務プランニング・分析および財務決算の最適な統合機能が導入されるだろう」とも述べています。財務管理でクラウド ソリューションを活用する利点として、以下が挙げられています。

  • 「常に最新リリースに追随 (通常、最新リリースから 1 または 2 リリース以内の使用をユーザーに義務付け)。
  • よりコンシューマー製品に近いインターフェイスなので、トレーニングやオンボーディングが容易。
  • 人工知能 (AI)、機械学習 (ML)、ロボティックス プロセス オートメーション (RPA) などのデジタル機能。これらの機能の多くは、レガシーのオンプレミス プラットフォームには追加できません。
  • サブスクリプション課金、収益認識、財務会計ハブなどの新機能をより迅速に導入することによるアジリティの向上。
  • 財務分析システム 財務分析システム
  • 財務部門のエンド ユーザーによるアプリケーション管理を重視し、IT 部門への依存度を低減」

成功へとつながる変革

1 『Gartner Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management Suites for Midsize, Large and Global Enterprises (中規模、大規模およびグローバル企業向けクラウド コア財務管理スイートに関する Gartner 社のマジック クアドラント)』 著者: John Van Decker、Robert Anderson、Greg Leiter、2019 年 5 月 13 日付

Gartner 社は、同社の公開済みリサーチ資料に記載されているベンダー、製品、サービスについて、いずれも支持するものではありません。また特定のベンダーに対して同社が最高評価またはそれ以外の評価を与えることによって、同社がテクノロジーのユーザーに対して、そのベンダーを選択するように推奨するものではありません。Gartner 財務分析システム 社のリサーチ資料は、調査結果に基づいた同社の見解であり、事実の表明として使用することはできません。Gartner 社はこの調査結果について、明示または黙示を問わず、商品性または特定目的への適合性の保証を含んだ一切の保証をいたしません。

管理会計システムの比較11選。タイプ別の選び方

また、「CCH Tagetik(Tagetik Japan株式会社)」は、財務報告、開示管理などで活用が可能です。報告書の一貫性を維持できる標準テンプレートや、作成した報告書を関係者に自動転送する機能、カスタマイズ可能なワークフローなどを搭載。財務報告に必要な各種書類の作成や共同作業の迅速化に役立ちます。マルチGAAP(複数会計基準による財務報告)要件、EBA(欧州銀行監督機構)報告、IFRS(国際財務報告基準)開示要件に準拠しており、グローバル展開している企業にとっても安心です。

予実管理中心のタイプ

会計ソフトに機能が搭載されているタイプ(ERP搭載型含む)

管理会計システムの比較のポイント

対応できる帳票の範囲

分析単位の細かさ

原価の配賦方法

主な管理会計システム(経営管理タイプ)

Bizforecast(プライマル株式会社)

Bizforecast公式Webサイト

CCH Tagetik(Tagetik Japan 株式会社)

CCH Tagetik公式Webサイト

財務会計、コンプライアンス、法務などの分野でソリューションを提供する経営管理プラットフォーム。財務と各部門のデータを連動させ、連結会計と決算、財務計画、報告と分析、情報開示、コンプライアンスの各プロセスと合理化することができ、Analytic Information Hubエンジンを利用することで膨大な財務・業務データを素早く処理する。
予算編成・計画・予測、収益性分析、財務報告、開示管理、コンプライアンス規制報告の機能を搭載し、財務と事業部門のデータを連動させることで、いつでも一元化されたデータに基づく業務が可能。収益性分析では各部門のデータを徹底的に掘り下げて、収益性を左右する変数を把握し、what-ifシナリオ分析を通して収益性の高い分野にリソースを割くことができるようになる。

Sactona(アウトルックコンサルティング株式会社)

Sactona公式Webサイト

ZAC(株式会社 オロ)

ZAC公式Webサイト

システム業、IT業、クリエイティブ業、イベント業、士業、コンサルティング業に強みのあるクラウドERP。販売管理、購買管理、予定表、勤怠管理、工数管理、経費管理、ワークフローなど様々な機能がある中で、経営モニタリングとプロジェクト管理などの機能が管理会計に利用可能。見込・引き合いの段階からシステムで案件を管理するため、将来的な売上・仕入・工数・経費の予定をシステムに一元入力すると、売上・利益予測を確実に把握することができる。
また、事業部・チーム・担当者・クライアント・代理店・サービス別など各種セグメントごとに売上や利益の予測レポートを出力できるため、明確な指標に基づいた経営判断が可能。
経営モニタリング機能では、プロジェクト利益や部門別採算が一定水準を下回った場合にシステムからアラート通知を行う。さらに、経営指標の異常値からドリルダウン分析により、原因の特定が可能。

multibook(株式会社マルチブック)

multibook 公式Webサイト

  • 料金:月額60,000円~(年間利用料720,000円〜)

iFUSION(株式会社インプレス)

iFUSION公式Webサイト

主な管理会計システム(特化型タイプ)

Loglass(株式会社ログラス)

Loglass公式Webサイト

DIGGLE(DIGGLE株式会社)

DIGGLE公式Webサイト

予実管理に重点が置かれたクラウド管理会計システム。予実突合、見込み、分析、レポートの機能を搭載することで、属人的になりやすいExcel業務を削減し、経営報告をより早く、より正確に行うことができる。
事業部の予算消化状況と見込みを直感的なUIで可視化することで、経営判断のための正確な予測を実現。各事業部からの見込み数値を自動集計し、あらゆる角度から差異分析を実行。差異の原因を特定することで、予実差異に対する迅速なアクションを取ることができる。
「予算ID」と「変換機能」の活用により、予算・実績データの突合や取り込みフォーマットの変換を不要にし、月次会計データを取り込むと自動的に各種レポートを集計。また、入力したデータを自動集計し、レポート共有機能で担当者と定性的なコメントを共有できる。

Workday Adaptive Planning(ワークデイ株式会社)

Workday Adaptive Planning公式Webサイト

(出所:Workday Adaptive Planning公式Webサイト)

大企業や急成長企業での導入実績が多数ある予算管理クラウド。予算編成、配賦、予算・見通し管理、実績、経費・収益管理、ファイナンシャルクローズマネジメント、資産管理などの機能を搭載。経営判断や意思決定に必要な情報をSAP ERPやSalesforceなどの参照データと自動連携することで、期初予算、実績、見通しデータの一元化を実現。直感的でExcelのようなインターフェースのため、現場担当者に馴染みが良い。収益、経費、人員の計画とローリング予測が作成可能。
直感的なレポートとダッシュボードにより、財務・販売・運用実績のデータを視覚化することができ、対話式でセルフサービスレポートを作成できる。モバイルアプリケーションではスマートフォン、タブレット、ブラウザからも利用可能。為替、多言語にも対応。

Anaplan for Corporate FP&A

Gartner 社が定義する xP&A は、Anaplan が考える
コネクテッド プランニングの概念と一致します。
それは、財務部門に新しい未来を切り開く概念です。

世界はこれまでにない速さで変動しています。新しい計画が完成した時点ですでに時期を逸していることさえある、そんな目まぐるしい変化が続く中で、企業のファイナンシャル プランニング及びアナリシス (FP&A) 部門には、状況への適応と複数のシナリオ予測を継続的に、柔軟に、かつ容易に行う体制の構築が求められています。

Anaplan のハイパースケール コンピューティングは、組織全体にわたりシグナル、計画、適応力を統合して
活用し、効果的な FP&A を実現します。詳細をご覧ください。

財務部門に組織全体から最新データを提供し
対応力を生み出す

テクノロジーはビジネスのほぼすべての側面に進歩をもたらしてきましたが、多くの場合、企業の FP&A 部門にはその恩恵は届いていません。テンプレートを使用する従来型の FP&A ソフトウェアでは、更新の際、スクリプトの知識を持つ従業員または外部委託先に頼らざるを得ないのが実情です。世界中で変革が進む今日、組織が環境に適応していくために必要なのは、迅速かつ効率的な方針変更を可能にするツールです。Anaplan ソリューションは、変化し続ける状況を組織の強みに変えることができます。

Anaplan は、企業の FP&A 部門に状況をコントロールする力をもたらします。使いやすいプロフェッショナル仕様の高度な数式によってモデルを作成し、事業の拡大に応じて拡張し発展させることができます。効率的な管理機能を活用することで、これまで事後対応に終始しがちであった財務アナリストは、各自の結果責任と裁量のもとで能動的に業務を進めることができます。

計画業務を財務部門内で完結できる時代はすでに過去となり、今日では組織全体の人材、計画、シグナルを結びつけることが必要になっています。互いに連携しないソリューションや従来の EPM では複雑なシステム統合が必要であり、独立した縦割り組織の間で状況を複雑化させるという結果に陥りがちです。

財務部門は、営業、マーケティング、人事、サプライチェーンの情報を常にリアルタイムで取得し、各部門で発生する変化が財務に及ぼす影響を把握する必要があります。Anaplan は、FP&A チームを全組織の司令センターに生まれ変わらせます。豊富な情報に基づいて的確な意思決定を行い、財務の適応力を高めましょう。Anaplan のソリューションを活用すれば、業務部門のための財務フレームワークを確立して自律的な活動を促進しつつ、利益率の維持や全社目標の達成を実現できます。

売上増、投資、マクロ経済の動向にリンクした戦略的な取り組みを立案して、組織の将来像を描きましょう。現状を反映して変化する複数のシナリオを活用して、財務要件や業績指標への影響を分析できます。取り組みの成果については、自動的に Anaplan へと読み込まれるシグナルに基づく年/月/週/日ごとのパフォーマンス測定により、状況に応じた規模で記録して追跡できます。

FP&A アナリストは昨今、シグナルの集約や修正に追われ、分析に取り組む時間の確保がますます困難になっています。従来のソリューションには、計画業務に欠かせない重要シグナルの一元管理や標準化を効率よく実現する機能がありません。その結果、シグナルを体系的に整理するためのマッピング表管理、統一されていない各種レポートの作成や組み直しが FP&A アナリストの仕事になっていることが一般的です。

Anaplan プラットフォームを活用すれば、さまざまなソース システムからのシグナルの流れを自動化し、標準化された信頼できる情報源を確立して、容易に共有できるシナリオでデータを利用できます。FP&A アナリストは、財務上の望ましい成果の達成に向けた分析や、俊敏かつ適応力に優れた方法で変化に対応するための業務に専念できます。

会計システムとは?基本の知識~導入のメリット・デメリットについて解説

会計システムとは?基本の知識~導入のメリット・デメリットについて解説
「会計システム」は、一般的な企業の会計において、取引の認識、記帳、経理部における財務諸表の作成に関して非常に重要な役割を有しています。
会計システムを導入することにより、企業の取引を効果的かつ効率的に記録、タイムリーな財務諸表作成に役立つメリットがあります。
一方で、会計システムの導入には一定のコストや社内の従業員に使用方法を共有する等の手間がかかるというデメリットも想定されます。
ここでは会計システムの基本や、メリット・デメリットについても詳しく解説します。

■会計システムとは?

■会計システムの基礎知識

■会計システムの種類

・クラウド会計システム

クラウド会計システムのメリットとは?
クラウド会計システムのメリットは、主に3つが挙げられます。

  • クラウドサーバー上にバックアップされるためデータ破損の心配がない
  • 常に最新の会計ソフトを利用できる
  • ネットバンキング・カード会社の情報と連携できるので経費処理が楽にできる

クラウド会計システムのデメリットとは?
クラウド会計システムにはメリットだけではなく、デメリットもあるので注意しておきましょう。

・パッケージ提供型会計システム

パッケージ提供型会計システムのメリットとは?
パッケージ提供型会計システムのメリットは、主に3つが挙げられます。

パッケージ提供型会計システムのデメリットとは?
パッケージ提供型会計システムのデメリットは、主に3つが挙げられます。

■会計システムの主な機能

  • 自動仕訳・データ入力補助
  • 勘定科目の構築
  • 集計・財務分析
  • セキュリティ強化
  • 経理機能の分散

1.自動仕訳・データ入力補助

2. 勘定科目の構築

3. 集計・財務分析

4. セキュリティ強化

5. 経理機能の分散

■会計システムの種類別機能について

会計システムに備わっている主な機能について、種類別に解説します。
給与計算や社内経費精算など細やかに対応している会計システムもありますが、
ここでは標準的な機能として、 「財務会計システム」 、 「管理会計システム」 、 「債務・支払システム」 を紹介します。

1.財務会計システム機能

2.管理会計システム機能

3.債務・支払管理システム機能

■会計システムの役割と導入目的とは?

会計システムの主な役割

会計システムの導入目的

会計システムの導入で得られる効果とメリット

会計システムを導入するリスクとデメリット

1.自動化の限界
ネットバンキングや定型化された取引だけでなく、現金取引や手形などアナログな現実世界の取引は手入力での仕訳が求められます。
従って仕訳を完全自動化できるわけではなく、一部仕訳はどうしても手入力が必要になるので完全に自動化に依存するのはリスクがあります。

2. クラウド型の場合はオンラインでしか使用できない
クラウド型の会計システムはオンライン環境でないと使用できず、オフラインでの使用は不可能なため、インターネットに障害が発生したり、停電した場合は使用できないというデメリットがあります。

3.会計ソフトの使用には慣れと経験が必要である
会計ソフトの使用には、税理士や公認会計士ほどの財務・会計・税務の知識は必要ありませんが、簿記や勘定科目等の最低限の知識はやはり必要になります。
そのため、ある程度経理経験のある人の使用が望ましいと言えます。

■会計システムは自社にあっているものを選ぶことが重要

superstream-whitepaper-wp01

また、2020年からのコロナ禍でリモートワークが増えた現在においては、業務効率化・リアルタイムで財務分析や経営分析等の自社の状況を把握可能な会計システムに軍配が上がります。以下のページから、変化する時代に役立つ経理・財務部門向けの資料をダウンロードいただけますので、ぜひお役立てください。

■おわりに:会計システムをいかに効果的に利用するか

■税理士コメント

【税理士プロフィール】
岡 和恵
大学卒業後、2年間の教職を経て専業主婦に。システム会社に転職。 システム開発部門と経理部門を経験する中で税理士資格とフィナンシャルプランナー資格(AFP)を取得。 2019年より税理士事務所を開業し、税務や相続に関するライティング業務も開始。 図解などを多用したわかりやすい執筆を心掛けています。

■公認会計士コメント

【監修者プロフィール】
公認会計士・税理士
藤沼寛夫
2014年:EY新日本監査法人
2018年:東京共同会計事務所
2019年:藤沼公認会計士事務所 開業
2020年:アカウントエージェント株式会社 設立

財務分析システム

「SCORE LINK」は、財務諸表入力業務や財務診断業務を支援する与信管理ソリューションです。 財務登録業務の効率化、事務作業の軽減、審査業務の標準化、紙資料の授受廃止によるペーパーレス化、セキュリティリスクの軽減、取引先とのコミュニケーション強化などを実現します。
1997年の提供開始から、銀行、信用金庫、信用保証協会などの金融機関を中心に300以上 の企業に導入実績があります。

  • 取引先の決算書登録を効率化させたい。
  • 限られた時間の中で、取引先の財務状況を的確に把握したい。
  • 取引先との信頼関係を強化させたい。

SCORE LINKとは

※SCORE LINKは、TIS株式会社における登録商標です。 文中の社名、商品名などはTIS株式会社の商標または登録商標である場合があります。

ラインナップ

scoreENTRY : スコアエントリー

scoreNAVI :スコアナビ

企業審査分析ソリューションは、取引先の財務データを解析し、標準化された貸借対照表や損益計算書、 キャッシュ・フロー計算書(C/F)などを、エクセルで出力します。 財務上の問題点が自動的に表示され、。担当者の経験にかかわらず、実態に即した分析から企業与信が行えます。

財務諸表入力ソリューション(外国語対応版):SCORE LINK ~海外版~

・PDFファイルの「参照」「ページ移動」「拡大・縮小」「回転」
・貸借対照表、損益計算書等の帳票のレイアウトに応じた、OCRを実施したい領域の指定
・OCR結果の参照、編集、複数行にわたる科目の統合、ファイル出力
・表形式(行見出し、列見出しに科目名がある形式)の帳票を、科目金額が縦に並ぶ形式に変換
・OCR時に選択した、領域の指定位置をイメージファイルに保存

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる