タダで投資

初心者におすすめの投資方法はどっち

初心者におすすめの投資方法はどっち
そして、「つみたてNISA」を始めるには証券口座の開設と同時に「つみたてNISA」の口座も開設する必要があります。

初心者にもおすすめの資産運用を徹底比較!
自分に合う方法を選ぶポイントは?

IMAGE 初心者におすすめの投資方法はどっち PHOTO

INDEX

月々1万円の支払いで不動産投資

トーシンパートナーズでは多くの方が月々1万円程度の支払いで3,000万円前後のマンションを経営しています。不動産投資は「お金がかかる」というイメージかもしれませんが、実際はローリスクで運用することができます。

6つの資産運用を項目別に比較!

IMAGE PHOTO

運用リスクとリターン

資産運用の方法リスクとリターンの度合い
預金ローリスク・ローリターン
株式投資ハイリスク・ハイリターン
債券投資ローリスク・ローリターン
FXハイリスク・ハイリターン
投資信託ミドルリスク・ミドルリターン
不動産投資ミドルリスク・ミドルリターン

最低投資額

資産運用の方法最低投資額
預金1円
株式投資100株×1株あたりの株価(銘柄により異なる)
債券投資1万円(個人向け国債)
FX1,000通貨(取引所の通貨単位により異なる)
投資信託100円
不動産投資物件価格やローン契約内容により異なる

資産運用の方法手数料名
預金入出金手数料
株式投資売買手数料
債券投資売却手数料(個人向け国債を途中で売却した場合)
FX取引手数料
投資信託売買手数料、信託報酬(運用管理費用)、信託財産保留額
不動産投資仲介手数料

資産運用の方法運用期間
預金1年以上の長期運用
株式投資短期から長期まで銘柄による
債券投資長期運用
FX数週間~数か月の短中期運用
投資信託中長期運用
不動産投資多くの場合10年以上の長期運用

時間的コスト

資産運用の方法購入から売却までに必要な作業
預金入金、出金以外はほとんど作業不要
株式投資相場や価格変動のチェック
債券投資国債の場合、預けたあとはほとんど作業不要
FX相場や価格変動のチェック(24時間)
投資信託購入後はほとんど作業不要
不動産投資物件や入居者の管理

ローリスクでスタートする不動産投資

株やFXと比べ不動産投資は”老後に備えたい方”や”中長期的な運用をしたい方”向けの初心者におすすめなローリスク&ロングリターンな資産運用です。

6つの資産運用の特徴

IMAGE PHOTO

初心者にオススメの投資まとめ!
種類と成功するためのポイントを解説

IMAGE PHOTO

INDEX

月1万円で不動産投資

トーシンパートナーズでは多くの方が月々1万円程度の支払いで3,000万円前後のマンションを経営しています。不動産投資は「お金がかかる」というイメージかもしれませんが、実際はローリスクで運用することができます。

初心者にオススメの投資7選

IMAGE PHOTO

不動産投資

メリットデメリット
・将来的に大きな資産形成ができる
・毎月家賃収入を得られる
・生命保険として活用できる
・少額から始められる
・空室が発生するリスクがある
・台風や地震による破損や経年劣化が起こる
・家賃下落リスク

メリットデメリット
・元本が保障されている
・国(財務省)が発行するため信頼性が高い
・金利が低い
・原則、1年間預けなければ引き出せない

メリットデメリット
・運用をプロに任せられる
・専門的な知識がなくても始めやすい
・少額(100円以上)から投資可能
・元本割れで損失を生むリスクがある
・手数料がかかる

メリットデメリット
・元本の何倍ものリターンが得られるケースがある
・株主優待を受けられる
・企業の業績によって配当金が獲得できる
・値動きが激しく短期的に大きな損失を生むリスクがある
・銘柄によって変動の度合いが異なる
・専門知識がないとリスクが高くなりやすい

ポイント投資

メリットデメリット
・口座開設が不要な場合が多い
・資金0円でも始められる
・利用するサービスによって金融商品が限られる
・運用コストが高額になりやすい

ロボアドバイザー

メリットデメリット
・1万円程度から始められる
・専門知識が不要
・値動きを監視する手間がかからない
・投資家の個人的な感情に左右されない
・元本割れのリスクがある
・投資の知識や経験を蓄えにくい
・短期運用には向かない

ソーシャルレンディング

メリットデメリット
・利回りが高い傾向にある
・運用コストを抑えやすい
・短期間で収益を得ることが期待できる
・一定期間経過するまで解約できない
・倒産などのトラブルによる元本割れのリスクがある

その他の投資の種類に関して

IMAGE PHOTO

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる