FXの相対取引とは

ボラティリティって何

ボラティリティって何
具体的には、 証拠金維持率が250%以上になるように証拠金やポジション量を調節する とレバレッジは10倍以下になります。

VIX指数 ボラティリティって何 ®

シカゴ・オプション取引所(Cboe)ボラティリティ指数とは、一般にVIX指数とも呼ばれており、近い将来における米国株式市場の価格変動(現水準からの上昇及び下落)の予想範囲を表すものです。具体的には、VIX指数はS&P 500 ® (SPX)を対象とするオプションの満期30日のインプライド・ボラティリティを元に算出されます。インプライド・ボラティリティが高いとき、VIX指数の水準も高くなり、値の範囲は広くなります。逆に、インプライド・ボラティリティが低いとき、VIX指数の水準も低くなり、値の範囲は狭くなります。

VIX指数と市場センチメント

一般に、 市場環境が正常 であることを示す

一般に、 市場の懸念が高 まっていることを示す

VIX指数とS&P 500

VIX指数とS&P 500は通常、逆方向に動きます。VIX指数は S&P 500の次の30日間の値動きを予測します。

インデックス名 指数レベル $l_vix_mtdReturns
VIX 指数算出開始日: Sep 22, 2003 21.34 19.18%
S&P 500 指数算出開始日: Mar 04, 1957 4,ボラティリティって何 127.83 -1.57%

VIX指数は何を測定するか?

VIX指数の算出に使用されるオプションは、S&P 500のプット・オプションとコール・オプションです。S&P 500は米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしており、世界で最も流動性の高い市場の動きを反映しているため、S&P 500のオプションを使用することにより、VIX指数はボラティリティに関する広範かつ最新の見方を表すことができます。さらに、VIX指数はオプションの特定の組み合わせを使用することにより、オプション価格に影響する他の全ての要因を相殺しているため、ボラティリティの予想値のみを表す指数となっています。

プット・オプション及びコール・オプション

指数の コール・オプション ョンを保有している場合、指数の値がオプションの権利行使価格より高ければ、権利行使価格で原資産を購入する権利が発生します。

指数の プット・オプシ ョンを保有している場合、指数の値がオプションの権利行使価格より低ければ、権利行使価格で原資産を売却する権利が発生します。

VIX指数が測定するものを理解する

満期30日の将来の「インプライド」ボラティリティ

投資家はどのようにVIX指数を使用しているか?

VIX指数は、その他の指数と同様に、水準または数値で表されます。水準の変化(上昇または下落)はパーセンテージで表されます。しかし、その他の指数が市場のパフォーマンスを表すのに対して、VIX指数の水準はS&P 500を対象とするオプションの満期30日のインプライド・ボラティリティを表します。インプライド・ボラティリティは、S&P 500の次の30日間の予想範囲を示します。

VIX指数の水準が高ければ高いほど、インプライド・ボラティリティが高く、S&P 500の変動幅も大きくなります。例えば、VIX指数の現在の水準が10(過去の水準の下限)である場合、30日間のインプライド・ボラティリティは2.9%となります。これは、S&P 500が今後30日間において、現在の水準から2.9%高いまたは低い水準の範囲内で推移すると予想されることを意味します。一方、VIX指数の水準が30である場合、S&P 500が今後30日間において、現在の水準から8.7%高いまたは低い水準の範囲内で推移すると予想されることを意味します。

資産クラスとしてのボラティリティ

VIX指数の水準とS&P 500の予想レンジ

時間とボラティリティ

VIX指数を使ってS&P 500の予想レンジを計算する方法

VIX指数の水準から、S&P 500を対象とするオプションの満期30日のインプライド・ボラティリティを求めるには、4つの簡単なステップに従います。ここでは、VIX指数の水準が18で、S&P 500の現在の水準が3,550であると仮定します。

VIX指数の水準 = ボラティリティって何 18 | S&P 500の水準 = ボラティリティって何 3,550

VIX指数はどのように構築・算出されるのか?

VIX指数は、S&P 500の30日間の年率換算インプライド・ボラティリティを示す指標であり、S&P 500のコール・オプション及びプット・オプションの特定グループの加重価格を平均することにより、各取引日を通じて計算されます。S&P DJIが算出するその他の指数と同様に、VIX指数の算出に用いられるメソドロジーは厳密かつ透明性の高いものとなっています。しかし、その他の指数とは異なり、VIX指数は証券価格の変動ではなく、ボラティリティを測定します。

PayPay投信 米国株式ボラティリティ戦略(為替ヘッジなし)

お取り扱い銀行・証券会社

米国株式市場は、世界経済を牽引する米国経済を反映し長期で成長を続けてきました。しかし、リーマンショックやコロナショックなど、市場が混乱するイベントは予期せず発生します。
「このような市場の混乱をうまく運用に活用できないか?」そんな思いから生まれたのが、S&P500先物とVIX先物を組み合わせる戦略により、市場の平穏時でも混乱時でもリターンを追求するファンド「PayPay投信 米国株式ボラティリティ戦略(為替ヘッジなし)」です。

S&P500種株価指数(以下「S&P500」)とは?

VIXとは?

S&P500とVIXの相関関係 2015年人民元ショック、2017年VIショック(当時NYダウ史上最大の下げ)、2018年米政府機関閉鎖・ファーウェイ幹部逮捕、2020年コロナショックにおいて、S&P500が大きく値を下げるが、VIXはその時に大きく値を上げている。

ABRダイナミックブレンド・エクイティ&ボラティリティ指数※1とS&P500種株価指数(配当込) (ともに円ベース)(2005年12月30日~2020年8月31日、期初を100として指数化、月次データ)累積リターン895% 累積リターン242%

※1 当ファンドの主要投資対象であるアイルランド籍外国投資信託証券は、ABRダイナミックブレンド・エクイティ&ボラティリティ指数の算出に活用するクオンツモデルで資産配分を決定します。上記は当ファンドの実績ではありません。
※ブルームバーグのデータを基にPayPayアセットマネジメント株式会社が作成。あくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

S&P50%+ABR50%:年率換算リターン 13.3%、年率換算リスク 15.3%、リターン/リスク 0.87。S&P70%+ABR30%:年率換算リターン 11.6%、年率換算リスク 16.1%、リターン/リスク 0.72。ABR指数:年率換算リターン 17.0%、年率換算リスク 17.6%、リターン/リスク 0.96。S&P500:年率換算リターン 8.7%、年率換算リスク 19.0%、リターン/リスク 0.46。 ABR指数とS&P500を分散保有すると大きな効果が! S&P500:年率換算リターン8.7%、年率換算リスク19.0%、ABR指数:年率換算リターン17.0%、年率換算リスク17.6%、S&P500(70%)+ABR指数(30%):年率換算リターン11.6%、年率換算リスク16.1%、S&P500(50%)+ABR指数(50%):年率換算リターン13.3%、年率換算リスク15.3%

  • 積み立ての効果を最大限に活かすためには、適度なボラティリティ(変動率)と長期的に高いリターンが必要です。ABR指数はその両方を兼ね備えています。
  • 以下は2005年12月末から2021年10月末まで 毎月1万円 ずつ積み立て投資を継続したと仮定したシミュレーションです。2021年10月末のABR指数の積み立て評価額はS&P500積み立て評価額の約 1.2倍 になりました。

積立期間:ABR指数・S&P500共に14年9カ月。積立金額:ABR指数・S&P500共に177万円。積立評価額:ABR指数 715.8万円・S&P500 497.8万円。累積収益率:ABR指数 304%・S&P500 181%。 毎月少ない金額で大きな成果! 積立評価額715.8万円 累積収益率304% 積立金額177万円

PayPay投信 米国株式ボラティリティ戦略(為替ヘッジなし)

S&P500®は、S&P Globalの一部門であるS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスがPayPayアセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poor’s®およびS&P®は、S&P Globalの一部門であるStandard & Poor’s Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。PayPayアセットマネジメント株式会社の商品は、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、S&P500®のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

お客様に直接ご負担いただく費用

購入時の手数料 購入価額に、2.2%(税抜2.0%)を上限として販売会社が定める手数料率を乗じた額です。
購入時手数料は、購入時の商品および投資環境に関する説明や情報提供、事務手続き等の対価として販売会社にお支払いいただきます。
詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
信託財産留保額 ありません。

保有期間中に間接的にご負担いただく費用

運用管理費用(信託報酬) 信託財産の純資産総額に年0.605%(税抜年0.55%)の率を乗じて得た額です。
委託会社、販売会社、受託会社間の配分および役務の内容については次のとおりです。
配分(税抜) 役務の内容
委託会社 年0.26% 資金の運用の対価
販売会社 年0.26% 運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後の情報提供等の対価
受託会社 年0.03% 運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価

投資対象とする投資信託証券の運用管理費用(信託報酬)等(概算年1.25%程度)を加えた場合、当該運用管理費用等と信託報酬の合計は、年1.855%程度(税込)になります。なお、当該合計は、投資信託証券の実際の組入状況等により変動します。また、投資対象とする投資信託証券の変更等(投資対象とする投資信託証券の運用管理報酬等の変更を含みます)により今後変更となる場合があります。
信託報酬の総額は、毎計算期間の最初の6カ月終了日(休業日の場合は翌営業日とします)及び毎計算期末または信託終了のときに、信託財産中から支払われます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる